ティッシュとトイレットペーパー

広告

ティッシュとトイレットペーパーは何が違うのでしょうか?

ティッシュ

P00561_N

ティッシュを拡大撮影した画像です。

多数穴が開いていますが、向こう側(机の板)はあまり透けてないぐらいの密度で重なり合っている感じです。

トイレットペーパー

P00565_N

トイレットペーパーを拡大撮影した画像です。

ティッシュと似ていますが、密度が薄く向こう側(机の板)が透けて見えている感じです。

普通紙

P00567_N

比較するために印刷用の普通紙も拡大してみました。

ティッシュやトイレットペーパーとは違い、びっちり重なり合っていて向こう側はまったく透けていません。

結論

結論としては、ティッシュとトイレットペーパーは、素材の重ね方と密度の違いによって、水に濡れたときの溶けやすさ(ほぐれやすさ)が違っている、ということかと思います。

広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>